勧誘なし

(すぐに使える実例あり)痩身エステのしつこい勧誘の断り方

更新日:

しつこい痩身エステの体験の勧誘の断り方

痩身エステの体験コースに行くときに、勧誘されたらどう断ろうか・・・と断り文句を必死に考えて悩みますよね

・勧誘を気楽に断れる考え方

・断りやすい文句(実例)

をアドバイスしますね。

 

勧誘を断るときスタッフやエステティシャンにどう思われるかは考えない

痩身エステの勧誘を断るときに相手にどう思われるかを考えないようにしましょう

相手も商売です。

・施術やカウンセリングでいろいろ話して情がわいている

・安い価格で体験させてもらったから、さくっと断ると悪いかも

・断って何か言われるか心配

必要以上に、相手に気を遣ったらぜんぶ契約しないといけませんよね。

勧誘されたら家も買っちゃいますか?

無理ですよねー。

痩身エステは金額が無理すれば支払える金額なので迷っちゃいますが同じです。

無理なものは無理!

スパっと断ってOKです。

 

痩身エステサロンも断られるのに慣れている

自分が発言したことで、痩身エステサロンのスタッフが気を悪くしたら・・と考えるかもしれませんが考えすぎです。

毎日、新しい見込み客(体験のお客さん)が来店して同じように勧誘され、同じ断っているのですから。

管理人
契約するつもりがないなら、スパッと言ってあげたほうが時間の無駄を省けます

 

そもそもエステでしつこい勧誘はほとんどない

痩身エステの体験のあとの勧誘は、そもそもしつこく勧誘されることはほとんどありません

・勧誘がしつこすぎ

・契約するまで帰らせてもらえない

これは昔の話で、今はSNSで拡散されたり、消費者センターに駆け込んだり、行政指導されたりといった経緯があり、しつこい勧誘をされることはほぼなくなっています。

 

(実例付き)しつこい痩身エステの体験時に勧誘を交わす方法

帰って夫に相談します

自分を主婦ということにしておき、夫に相談しなければお金が出せないと伝えておきます。

「帰って夫に相談します」は最強

主婦は自分で自由にできるお金が比較的少なく、旦那さんが決定権を持っていることも多いのでこういわれるとエステ側も「相談してみてくださね」でアッサリと勧誘が終わります。

他のエステサロンの体験に行ってから決める

他のエステサロンの体験予約もしているので、体験してみてから検討したいということを伝えます。

ただ、しつこいエステサロンによっては、

・当日だけのスペシャルプランがある

・他のエステより自分のエステのほうが優れている

と食い下がってくることもあるので、何度も繰り返すと諦めてくれます。

引っ越し予定です

なんで今来た?

と心のなかでは思われるでしょうが、表立っては非難なれないでしょう。

引っ越し予定の地域は、もちろんエステサロンがない地域を伝えます。

次の予定があるので〇時には出ます

〇時に予定があるということで、タイムリミットがあることをサロン側に伝えておきます。

勧誘タイムが始まってしつこければ「そろそろ時間に間に合わないので出ます」といえば帰れます。

 

勧誘がしつこくて全然帰れないときにはクーリングオフという手もあり

まれにですがまだしつこい勧誘をしてくるエステサロンもあります。

どうしても自分では断れない。

契約するしかないのかな・・・

という時には、契約してしまい帰ってからクーリングオフする方法もあります。

(面倒なのであまりおすすめしませんが、勧誘がひどくストレスになるならやってもいいかも)

クーリングオフは契約してから8日以内に書面にて手続きをします。

管理人
わたしも1回通おうかと契約した後、やっぱりしつこい勧誘が気になってクーリングオフしたことがあります。大手でスムーズに解約できました

 

(すぐに使える実例あり)痩身エステの勧誘の断り方

痩身エステの勧誘の断り方を実例付きで紹介したのですが、基本的にはほとんど勧誘がしつこいサロンはありませんので安心してくださいね。

-勧誘なし

Copyright© 痩身エステ体験おすすめランキング , 2019 All Rights Reserved.